スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<裁判員裁判>殺人罪認めず傷害致死罪 検察側が控訴断念へ(毎日新聞)

 殺人罪で起訴された無職、青木章吉被告(55)に対し、裁判員裁判で初めて傷害致死罪を認定した水戸地裁判決(5月28日)について、検察側は控訴を断念する方針を固めた。弁護側も控訴しない意向で、控訴期限(6月11日)を過ぎれば懲役8年(求刑・懲役15年)の判決が確定する。

 これまで裁判員裁判の判決に検察側が控訴した例はなく、対応が注目されていた。

 青木被告は捜査の段階で殺意を認める調書に署名したが、公判では殺意を否認していた。

 判決は調書について「捜査官の誘導に応じて作成された疑いがぬぐえず、信用できない」と殺意を認めず、量刑も求刑を大きく下回った。

 検察側は「被告を誘導した事実はない」としているが、公判での被告の供述や、どんぶりで殴るなどの事件の状況を踏まえて、控訴して争うのは困難と判断したとみられる。

 判決によると、青木被告は09年6月、茨城県坂東市で暴力団組員(当時58歳)を監禁し、頭をどんぶりで殴るなどして死なせた。

【関連ニュース】
裁判員裁判:公判で突然否認の被告に懲役10年 東京地裁
裁判員裁判:「全国初」懲役15年確定へ
殺人未遂裁判:被告が突然、起訴内容を否認 異例の展開に
裁判員裁判:殺人罪が傷害致死に…懲役8年判決 水戸地裁
タクシー強盗:19歳米兵に懲役3~4年の実刑 那覇地裁

欧州信用不安の動向注視=日米財務相が電話会談で一致(時事通信)
新たなるカルチャー発信拠点「TABLOID」(Business Media 誠)
本因坊戦、山下が2勝目(産経新聞)
フェラーリ型のジェットコースター…中東アブダビに誕生
「カントリーマアム」新作はキャラメルと八丁味噌の意外な組み合わせ!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:ミスターえいぞうみねぎし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。